相続のこと誰に相談すればいいの?

「司法書士や行政書士、税理士に弁護士さらには信託銀行など、相続のことを誰に相談すればよいかわからない…」
相続の問題は、それぞれの事案によって最適な相談先が異なります
相談先を迷われたら、下記の4つの条件にあてはまるかどうかご確認ください。
条件に1つでもあてはまる場合はまず司法書士にご相談ください。

  1. 不動産の名義を変えたい方

    不動産の名義を変えたい方

    不動産登記は司法書士の専門分野です。
    不動産登記を司法書士にご依頼いただければ、専門家として、戸籍等の書類の収集や、遺産分割協議書の作成、登記申請の完了まで、ご遺族のみなさまの手を煩わせることなく、迅速にご対応致します。

  2. 相続をしたくない方

    相続をしたくない方

    相続放棄の手続には3カ月の期限がありますので、期限内に手続を完了する必要がありますが、場合によっては3カ月を経過していてもできる場合があります。当事務所にご依頼いただければ、相続放棄の申述が受理されるまで、手続を徹底サポート致します。

  3. 不動産を処分したい方

    不動産を処分したい方

    いらない不動産を処分したいけどどの方法が一番良いのか分からない…などのお悩みはございませんか?当事務所では不動産処分コンサルティングも行っています。
    現在の状況とご希望に合わせた処分方法をご提案し各種専門家と連携することで不動産処分の手続きをスムーズに進めることが出来ます。

  4. 会社の事業を承継させたい方

    会社の事業を承継させたい方

    今すぐ事業の引継ぎをしていかないといけない方やそろそろ事業の引き継ぎを考えている方など会社の事業承継でお悩みはございませんか?当事務所ではその方の状況にあった最適な方法で事業承継のお手伝いをさせて頂きます。

空き家のこと誰に相談すればいいの?

空き家に関して「どのような活用方法が存在するのか、そもそもわからない…」
「相続問題が原因でなかなか活用の話が進まない…」などのお悩みはございませんか?
当事務所では、空き家を管理するだけでなく、空き家の活用や相続問題まで幅広くサポートしています。
不動産業者との連携により処分、賃貸等への運用、維持管理等、具体的解決に向け“ワンストップ”でご相談頂けます。

  1. 空き家を相続したい

    空き家を相続したい

    長い間空き家になってしまっている家は、相続問題が複雑に絡み合ってしまっているものも多くあります。 このような相続問題の解決には、相続に関する正しい知識を持った専門家が問題を整理し具体的な解決に向けて対応する必要があります。空き家の相続でお悩みの方は一度当事務所にご相談ください。

  2. ほったらかしの空き家がある

    ほったらかしの空き家がある

    もし空き家を放置しておくと「建物の老朽化による防災被害」や「不法侵入者が住むなどの防犯被害」 、「雑草の繁殖による衛生上の被害」などが起こる可能性があります。これらが起因で問題が起こると、所有者への賠償問題となる場合がありますので速やかに当事務所までご相談頂ければ適切な対応を取らせて頂きます。

空き家に関するお悩みについて
もっと詳しく

家族信託のこと誰に相談すればいいの?

実家の始末お悩みではありませんか?
相続税の増税により、相続に不安を抱える人が増えています。
しかし超高齢社会では、相続時だけでなく、病気などにより判断能力が低下するリスクにも備えなければなりません。
そんな中、最近注目されているのが「家族信託」という手法です。
当事務所ではあなたにぴったりの家族信託をご提案いたします。

  1. 認知症対策としての「家族信託」

    認知症対策としての「家族信託」

    今までの財産管理では、判断能力が衰えた後においては財産を柔軟に活用することが難しかったのですが、「家族信託」を利用することで財産の柔軟な活用が可能になりました。

  2. 財産の行方を代々まで指定できる「家族信託」

    財産の行方を代々まで指定できる
    「家族信託」

    遺言では、遺産を貰った相続人が亡くなった後の遺産の処分の方法までを、きっちりと指定することは難しいのですが、「家族信託」を利用することで、遺産の行方を代々まで指定することができます。

「家族信託」はこんな方にオススメです
施設、病院に入って家に戻って来る可能性がなくなり、空き家になっている実家を売りたい方。
「家族信託」を始めるタイミング
本当は、上記のような状態になる前に、まだしっかりしていて自宅で暮らしている時から始めるのがベストです。
認知症になってしまってからでは契約は難しくなりますので財産を託す人がご自身で契約を行う事ができる状態のときにしましょう。

家族信託について
もっと詳しく

当事務所に
頼むメリット

司法書士に相談が必要な場合の多くは何かにお困りで、専門家に相談したいときが大半を占めるかと思います。
当事務所は下記の特徴を元に人と人とのコミュニケーションを重視した業務を心がけております。

  • 他士業と連携した安心
    のワンストップサービス

    当事務所では、あらゆる相続問題を、弁護士、税理士、土地家屋調査士、取引不動産業者との連携により、ワンストップでスムーズに解決致します。

  • 女性ならではの
    きめ細やかで丁寧な対応

    専門用語が出てきたりたくさんの書類が必要になったりと複雑な相続手続きですが女性ならではの丁寧できめ細やかな対応でスムーズに手続き完了までサポート致します。

  • 20年の実績に伴う
    豊富な経験

    司法書士歴20年の実績と経験を生かしお困り事に対して具体的な解決方法をご提案いたします。お客様よりご信頼を頂けるように真摯で丁寧な対応にも自信があります。

お迎え・出張サービス

足腰のお悪い方には最寄駅まで車でお迎えに上がります。または、ご自宅・病院・施設に出張致します。

当事務所が
サポートできること

当事務所による相続・空き家対策の手続きサポートは、以下のような内容になります。

  • 当事務所がサポートできること

    相続に必要な手続き

    遺産分割協議書・戸籍収集・不動産の名義変更など、遺産相続に係る面倒な手続きをすべて専門家が代行しスムーズな相続手続きのサポートを行います。

  • 当事務所がサポートできること

    空き家の活用・処分

    空き家の活用方法、売却、管理などご要望に応じて空き家の活用についてサポートさせて頂きます。

  • 当事務所がサポートできること

    公正証書遺言書の作成

    司法書士が遺言の文案作成や、手続きで必要となる証人2名の手配、公証人との連絡などをサポート致します。

  • 当事務所がサポートできること

    相続放棄

    司法書士が相続放棄に必要な戸籍収集や申述書の作成、家庭裁判所からの照会への対応等の手続きを代行を致します。

  • 当事務所がサポートできること

    遺産分割協議書の作成

    遺産の中に不動産がある場合、遺産分割協議書の作成から不動産の名義変更に至るまでの一連の手続を、司法書士にすべておまかせいただけます。

  • 当事務所がサポートできること

    遺言書の検認サポート

    遺言書は見つけても勝手に開封してはならず、家庭裁判所で遺言書検認という手続きが必要となります。遺言書検認にかかる一連の手続きをサポート致します。

  • 当事務所がサポートできること

    生前贈与

    生前贈与は相続税対策だけではなく、承継させたい人に贈与することで相続争いの防止にもつながります。不動産の生前贈与に伴う登記手続きをお任せください。

  • 当事務所がサポートできること

    法定相続証明
    情報の取得

    2017年5月より始まった制度で、今まで相続関係を証明するために必要だった大量の書類の代わりとして、この証明書で相続の手続きが簡単になります。こちらの取得をサポート致します。

  • 当事務所がサポートできること

    境界確定相談

    隣接する土地との境目を明確にすることを境界確定と言います。隣家の不動産が侵食している等、土地と土地の境界がはっきりしない場合、ご相談ください。

  • 当事務所がサポートできること

    事業承継サポート

    経営者には定年はありませんが、いつかは仕事から離れなければならない時が訪れます。その時のために後継者への引き継ぎにかかる手続きをサポート致します。

  • 当事務所がサポートできること

    家族信託の相談

    超高齢社会に突入した今、認知症などのリスクに対応する為、今新しい財産管理の方法として「家族信託」が注目されています。

サポートの流れ

みなさまの不安を解消する
町の司法書士であり続けます

みなさまの不安を解消する町の司法書士であり続けます

司法書士谷口 美景

ホームページをご覧頂き、ありがとうございます。
私は平成8年に司法書士の資格を取得し、生まれ育った地である堺市で開業致しました。
「開業20年の実績と経験を生かし全力で仕事に取り組む」をモットーとしており、堺市、大阪市を中心に、近隣の大阪狭山市、松原市、羽曳野市等からもよくご相談を頂いております。
近年、相続人間の人間関係が希薄になり、手続きが煩雑になるケースが増え、また、相続した物件が空き家でお困りの方もたくさんおられます。
そのような相続問題を弁護士、税理士、土地家屋調査士との連携により、また空き家対策についても、取引不動産業者との連携により処分、賃貸等への運用、維持管理等、具体的解決に向け、真摯で丁寧な業務を心がけ、必ずやお客様よりご信頼頂けるよう、尽力させて頂きます。

運営事務所について

名称 谷口司法書士事務所
代表 司法書士 谷口美景
(日本司法書士連合会 登録番号 大阪第2098号)
(簡裁訴訟代理等関係業務認定番号 712139号)
(信託活用アドバイザー)
所在地 〒599-8232
大阪府堺市中区新家町765番地11(駐車場あり)
TEL 072-230-3088
FAX 072-230-3099
業務時間 平日9:00~17:00(ご予約いただければ、時間外・土日祝も対応可能です)
取り扱い
業務
  • 「相続・売買等による所有権移転移転登記、抵当権抹消登記等、不動産登記全般
  • 生前贈与・遺言書作成・相続放棄手続・遺言書の検認サポート等、相続・遺贈に関する手続全般
  • 会社設立・役員変更・事業承継等、会社登記全般
  • 不動産業者の介入しない個人間売買
  • 離婚に伴う所有権移転及び約束ごとの契約書作成等
  • 借地権建物についての各種相談
  • 各種契約書及び内容証明
  • 家族信託の相談

相続空き家家族信託
に関するコラム

  1. (2023年4月施行)民法改正ポイント 長期間経過後の遺産分割の見直し

    長期間経過後の遺産分割の見直し           2024年4月1日以降は相続登記が義務化されており、相続で不動産取得を知った日から    3年以内に相続登記を申請しなければなりません。   前年に… 続きを読む

  2. 相続にご自身の思いを反映させるには・・・

    今回は遺言方法を取り上げます。   妻に全財産を遺したい・・・   未成年の子供に財産を遺したい・・・   いろいろ思いはあると思います。   ただ、ご自身の思いを、実現できない場… 続きを読む

  3. 成年年齢の18歳への引き下げ

    現行の民法では、民法4条で「年齢二十歳をもって、成年とする。」と規定されており、成年になる年齢は20歳とされています。これが2022年4月1日に改正法が施行され、民法上の成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。 &… 続きを読む

  4. 「法務局における自筆証書遺言書保管制度」が始まります

    平成30年7月6日、「法務局における遺言書の保管等に関する法律」が成立し、同年7月13日に公布されました。施行時期は、令和2年7月10日になります。   この法律は、高齢化の進展等の社会経済情勢の変化に鑑み、相… 続きを読む

  5. 配偶者居住権

    配偶者居住権とは、「被相続人が所有する不動産に住んでいる配偶者は、その配偶者が亡くなるまでは原則として賃料等を支払うことなく、その不動産に住み続けることが出来る権利」のことです。   配偶者居住権を得ることによ… 続きを読む

相続に関するコラム一覧へ

お問い合わせ

[contact-form-7 id=”37″ title=”コンタクトフォーム 1″]

お問合せページからの受付

24時間(※営業時間外の受付への返信は、営業日以降になります。)

お電話での受付

平日9時~17時
お電話での法律相談は致しかねます。面談のご予約をお願い致します。(※時間外・土日祝のご予約は応相談。要予約)

初回相談料

30分 3,780円(税込)

谷口司法書士事務所は、大阪府堺市で事務所を開業して20年になります。堺市、大阪市、または堺市近郊エリアで相続、空家でお悩みの方は、ぜひ20年で培ったノウハウが豊富な谷口司法書士事務所へご相談ください。司法書士は相続、不動産登記の専門家です。相続といえば何の書類が必要なのか、不動産や土地の相続はどうしたらいいのか、不動産を相続したが管理ができず空き家になっている等、相続や空き家の問題はいざ直面した時に対処方法がわからず途方に暮れてしまうものです。相続した不動産の名義を変えたい、相続したくない、不要な不動産を処分したい、会社の事業承継をしたい、どれか一つでもお悩みが当てはまった堺市にお住まいの方は、谷口司法書士事務所までご相談いただければ、全てサポートさせていただきます。また現在社会問題になっている空き家も、放置しておくと様々な問題を引き起こします。堺市で放置されている空き家がございましたら、今すぐ谷口司法書士事務所が運営する相続・空き家対策相談所までご相談ください。